カードローン

カードローンとは?知っておきたいポイントまとめ

カードローンとは契約期間中、限度額の範囲内ならば、何回でもお金が借りられるサービスです。一度に限度額いっぱいまでお金を借りて、少しずつ返済をする方もいれば、必要に応じて借入・返済する人など、自由度の高いサービスになっていることがカードローンの特徴です。

カードローンには、いろいろな種類があるので、使いみちに合わせて選ぶことができます。カードローンの種類によって、大きく仕組みが変わることはありませんが、審査が早い・土日の即日融資可能・金利が低い・限度額が大きい・サービスが豊富などいろいろな特徴があります。

ここでは、カードローンとは、どのようなサービスなのかを徹底解説。カードローンで知っておきたいポイントを、分かりやすくまとめているので、ぜひお役立てください!


徹底解説!カードローンとは?

カードローンがあれば、いつでも好きなタイミングで好きな金額のお金を引き出すことができます。まずはカードローンとはどのようなサービスなのか、下記に特徴をまとめてみたのでご覧ください。

  • 限度額の範囲内ならば、好きな金額が借入できる
  • 契約期間中ならば、何度でも借入できる
  • コンビニATMなどから、簡単に借入できる
  • まとまったお金を借入しても、少しずつ返済できる
  • ゆとりのある時は、手軽に繰上返済できる
いろいろな業者がカードローンを取り扱いしていますが、どのカードローンも基本的な仕組みには違いはありません。あらかじめ決められた限度額の範囲内ならば、契約期間中、繰り返し借入・返済できることが最大の特徴です。

具体的なサービス内容については、取り扱う業者によって違いがあります。下記では、銀行系・消費者金融系・信販系それぞれの特徴を比較してみたので、ご覧ください。

銀行系低金利、高額な限度額、総量規制の対象外(専業主婦可)
消費者金融系無利息期間、柔軟な審査、土日祝も即日融資可
信販系業者によってさまざまなサービスあり

銀行系がおすすめなのは、とにかく利息を節約したい方やまとまった資金を借入したい方です。金融機関によっては、即日融資にも対応。住宅ローンのつなぎ融資としてや、学費、医療費など、少し大きな金額を借りたいときや、利息を節約したいときに利用されることが多いです。

消費者金融系がおすすめなのは、早急に借入したい方、特に即日融資を希望する方に人気があります。自動契約機を利用すれば、土日や祝日などお休みの日にも、即日キャッシングできるのでとても便利です。

信販系がおすすめなのは、すでに信販会社と取引がある方。業者によって異なるサービスが提供されているのが特徴で、過去の取引状況によっては審査を有利に進めることができます。ただし消費者金融系と比較すると、カード発行までに少し時間がかかってしまいます。

最後に、下記にてカードローンのメリット・デメリットをまとめてみました。カードローンを使ってみようか考えている方は、どのような点にメリット・デメリットを感じるのかを考えてみてはいかがでしょうか。


メリット・申し込みが簡単
・事業資金を除き、使いみちが限られない
・コンビニATMから、手軽に借入できる
デメリット・目的別ローンと比較すると、金利は高め
・使いすぎてしまう場合がある
・クレカのキャッシングとは違い、海外では使えない



重要!金利はしっかり理解しよう

カードローンは、あらかじめ決まった金額の範囲内ならば、自分の口座からお金を引き出しするのと同じ感覚で使うことができます。ただし、借りたお金には金利が発生するため、利息がいくらかかるのかを把握することが大切です。

・金利とは
借りたお金に対し、支払う利息の割合のことを言います。

・利息とは
利子のことを言います。借りたお金に対し、一定の割合(金利)の利息を合わせて返済します。

・利息はいくらかかるのか?
1年間にかかる利息は、次の式で計算できます。

「利息=元金×金利」

1日あたりの利息は、1年間にかかる利息を365(うるう年は366の場合あり)で割った金額です。

「利息=元金×金利÷365」

そして、借りている日数分の金利は、1日あたりの利息に借入日数をかけることで計算できます。

「利息=元金×金利÷365×借入日数」

10万円を金利18%、30日間借りた場合の合計の利息は1,479円となります。

「1,479円=10万円×18.0÷365×10日」

利息は、元金が多くなればなるほど、そして借入日数が長くなればなるほど高くなります。最後に、カードローンの利息を節約するポイントをまとめてみたので、ご覧ください。

  • 金利が低いと、利息も安くなる
  • 元金が少ないと、利息も安くなる
  • 借入日数が短いと、利息も安くなる

カードローンは、毎月決まった返済以外にも、追加で返済できることが特徴。ゆとりのある月はなるべく繰越返済することで、大幅に利息を節約することができます!


保証会社とは?役割から審査基準までご紹介

保証会社では、以下のような手続きが行われています。

  • 審査
  • 督促
  • 代位弁済

保証会社は利用者に返済の延滞があった場合、支払いの督促をしたり、場合によっては代わりに弁済しなくてはいけません。そのため保証会社では、リスクを最小限に抑えるために、必ず審査が行われています。

カードローンを提供している業者は、保証会社を介することで、貸し倒れのリスクを抑えています。中には保証会社を介さない場合もありますが、審査なしで契約できるカードローンはありません。

審査では以下の属性を評価し、審査基準を満たしているかどうか判断しています。
年齢
・保証会社が定める年齢条件を満たすことが必要
・働き盛りの20代後半~50代前半は審査に有利
収入
・本人に収入があることが必要(専業主婦可の場合を除く)
・収入は多ければ多いほど審査に有利
連絡先
・本人に電話連絡が取れることが必要
・固定電話があれば審査に有利
勤務先・勤務形態
・公務員や大手・有名企業ほど審査に有利
・勤務形態は正社員が最も審査に有利、自営業者は審査に不利
勤続年数
・最低でも2ヵ月以上勤続していることが必要
・勤続年数は長ければ長いほど審査に有利
居住形態
・持家が最も審査に有利
・居候、下宿などは審査に不利
居住年数
・居住年数は長ければ長いほど審査に有利
家族構成
・家族と同居している場合、審査に有利(本人に連絡が取りやすくなるため)
・年収に対して扶養している人数が多いと、審査に不利
他社借入件数・借入残高
・他社からの借入件数が多いと審査に不利
・借入残高が多い、短期間に借入が続いているなどの場合、審査に不利
・短期間の多重申込は審査に悪影響
カードローンの審査では、上記の属性が数値化(スコアリング)され、基準値を満たしているかどうかが、機械で自動的にチェックされています。保証会社独自の審査基準を満たすことができれば、無事に契約手続きへと進むことができます。

審査基準は保証会社によって異なるため、カードローンの審査に落ちてしまっても、別の保証会社ならば審査に通る場合があります。以前、カードローン審査に落ちてしまったことがある方は、保証会社が異なるカードローンを選んでみてはいかがでしょうか。


カードローンの借り換えって何?

カードローンの借り換えとは、今ある借入よりも、低い金利のカードローンで新たな借入を行い、そのお金で借入残高を完済することを言います。カードローンの借り換えは、借入残高のおまとめや一本化とも呼ばれています。

メリット・金利が下がる
・返済額が少なくなる、分かりやすくなる
・返済日が月1回になる
デメリット
・完済できる金額で契約できない場合がある
・借り換えをせずに、借入を増やしてしまう場合がある
・支払う利息の合計が高くなる場合がある

借り換えが効果的なのは、2社以上からの借り入れがあり、なおかつ借入残高が100万円を超えている場合。借入件数が多い方、そして借入残高が大きい方ほど、借り換えした場合のメリットが感じやすくなります。もちろん、借入件数が1件でも、より金利の低いカードローンで借り換えすれば、利息が節約できてお得です。

借り換えの最大のメリットは、金利が下がること。低い金利のカードローンで借りなおすほど、毎月の返済が楽になります。逆に、金利が変わらないカードローンで、借り換えをするメリットは一切ありません。

複数社から借入していた場合、返済額が少なくなるため、毎月の返済の負担を抑えることができます。さらに、バラバラだった返済日が月1回になることで、返済日が把握しやすく、返済計画が立てやすいメリットもあります。

ただし借り換えは、毎月の返済の負担は抑えられるものの、返済額が小さくなることで、返済期間が延びてしまう場合があります。返済期間が長くなると、その分、利息が多くかかってしまうため、借り換えにより利息総額が高くなってしまう場合があります。

このようなデメリットを無くすには、無理のない範囲で毎月の返済額を増やすことがポイント。借り換え後は繰越返済を意識して、早期完済を目指すことをおすすめします。

また、場合によっては希望額でカードローンが契約できないことがあります。その場合、どの借入を優先して完済するのか考える必要がでてきてしまいます。借り換え目的のカードローンを、別のことに使ってしまうと、余計に返済が苦しくなってしまいます。

借り換えをするには、金利の低い銀行系カードローンがおすすめ。クレジットカードのキャッシングや、消費者金融からの借り換えならば、ほとんどの方が借り換えのメリットを感じることができます。

カードローンの借り換えをする場合は、具体的にどのくらい返済額が変わるのか、利息の支払総額や返済期間の確認をしっかり行うことが大切。ぜひこの機会に、毎月の返済状況を見直ししてみてはいかがでしょうか。


まとめ

カードローンは、必要なときに必要な金額のお金を、手軽に借りられる便利なサービスです。ただし、借りたお金には金利がかかります。カードローンを有効活用するには、金利を理解することが重要です。

最後に、カードローンを賢く使うために知っておきたいポイントをまとめてみました。カードローンを有効活用して、心にゆとりを持った生活を送ってみてはいかがでしょうか。

  • カードローンには種類がある
  • 金利は低いほうがお得になる
  • 審査基準は保証会社によって違う
  • 返済が苦しいときは借り換えが便利

カードローンを賢く使うには、どんな目的でカードローンを使いたいのかに合わせ、業者を選ぶことがポイント。借りやすさを優先したいのか、金利の低さや借りられる金額の大きさを優先したいのか考えます。金利は低いほうがお得にはなりますが、なるべく早く返済することを心がけることで、利息は節約できます。

カードローンの審査基準は保証会社によって違うため、審査基準が低めの保証会社ほど審査には通りやすいです。一度審査に落ちてしまっても、別の保証会社ならばまだチャンスはあります。ただし、何度も繰り返し申し込みをするのは厳禁です。

すでにキャッシングやカードローンを利用していて、返済が苦しいときは、借り換えなども便利。お金の使いみちが限られず、手軽に手続きができるカードローンを、ぜひお役立てください!



関連記事

  1. depressed

    審査

    カードローンの審査に落ちる理由まとめ

    何度申し込んでもカードローンの審査に落ちてしまう・・・。「一体…

  2. カードローン

    カードローン返済ガイドブック~知っておくべき基礎知識~

    カードローンは計画的に利用すれば、毎月無理のない範囲で返済できます。カ…

  3. phone

    審査

    在籍確認なしのおすすめカードローン3選

    カードローンの申し込みにあたり周りにバレてしまうことは無いだろうかと心…

最近の記事

  1. (圧縮済み)延滞
  2. (圧縮済み)カードローン まとめ
  3. (圧縮済み)おまとめ
PAGE TOP