depressed

審査

カードローンの審査に落ちる理由まとめ

何度申し込んでもカードローンの審査に落ちてしまう・・・。

「一体どうやったらカードローンを手に入れることができるの!?」

あなたも、もしかしたらそのようにカードローンの審査に対して頭を悩ませている一人かもしれません。
そこで今回は「カードローンの審査に落ちる理由」をまとめてみました。

この中に当てはまるものがないか是非チェックしてみてください。

他社からの借り入れが多い

目安としてカードローンの他社借り入れが4件以上ある場合にはまず審査に通ることはないです。
3件の場合でも審査に落ちてしまう可能性はかなり高いです。

借り入れはどれだけ多くても「2社」。
もっと言うなら1社以下にまで絞っておくのが安心です。

多くの金融業者から借りているというのは、それだけお金に困っていることの証となってしまいますし、完済ができていない人だと思われてしまいます。

また、短期間のうちにたくさんのカードローン会社に申し込みをしている場合も同様にお金に困っている人だと思われてしまうので、多重申し込みにも気をつけましょう。


カードローンの総量規制の限度額を超えている

カードローンには総量規制という法律があります。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)
参考サイト:日本賃金協会「総量規制とは」

銀行カードローンの場合は総量規制の対象外ですが、消費者金融の場合は年収の3分の1以上は総量規制により借り入れることができません。

また、信販系のカードローンが総量規制の対象かそうでないかという質問をよくQAサイトで見ますが、信販系のカードローンは総量規制の「対象」です。

有名な信販系カードローンの1枚である、「JCB CARD LOAN FAITH」も公式サイトで総量規制の対象であることを明記しています。

参照元はこちら


つまり、年収300万円の人であれば100万円以上の借り入れをしていると信販系と消費者金融系のカードローン審査に通ることはないということです。

もしも既に総量規制の限度額を超えてしまっている場合には、銀行カードローンの審査を受けるようにしましょう。


安定した収入を得ていない

カードローンの審査の際に大きなポイントとなるのが「返済能力があるかどうか?」です。

つまり安定した収入を得ていない場合にはカードローンの審査に通ることはかなり難しいです。
ではどこからが安定した収入と言えるのでしょうか?

この定義はカードローンの種類によって大きく異なります。 例えば、アコムやプロミスといった大手消費者金融のカードローンでは学生であっても20歳以上でアルバイトなどで収入があれば申し込み可能となっています。

つまり、アルバイトであっても定期的に収入があれば問題がないということです。
また、本人に収入がない場合(専業主婦)であっても審査に申し込めるものが銀行カードローンにはあります。

例えばみずほ銀行カードローンでは家族に安定した収入があれば、専業主婦でもカードローンの発行が可能です。


審査時に勤務年数が短い

「勤務年数」は最低でも半年は欲しいところです。
できれば1年~3年以上あると、さらにいいです。

あなたが実際にそうではないとしても、カードローン会社からしてみると「勤務年数が短い人=すぐに転職をする可能性の高い人」というように思われてしまいます。

転職をするとなると年収なども大きく変わる可能性もあるので、カードローン会社の人も簡単には審査に通してくれません。

以下はオリックスカードローンの審査に落ちてしまった方の口コミです。

がっかりしたのが、私のような勤続年数が少なくて収入の少ない女性では審査に通らなかったことです。ほかの消費者金融では審査に通ることができたのでよかったですが、せめてすくない金額でも借り入れができるようにしてほしかったです。
引用:http://ginkousinsa.com/%E7%94%B3%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%81%BF%E4%BD%93%E9%A8%93%E8%AB%87/shinsa_ng.html


記入漏れや記入間違いをしている

審査の申し込みの際には記入漏れ、記入間違いにも注意しなければなりません。
自分では悪気がないとしても、審査する側からしたら嘘をついて不正しようとしていると思われる可能性もあります。

名前、勤務先、電話番号、年収、など大事なポイントは絶対に間違えないようにしましょう。


過去に延滞をしたことがある

「延滞」はカードローンの審査に大きな影響を及ぼします。
過去に延滞をしている場合、返済能力が低いことを相手に教えているも同然ですし、誠実でない印象も与えてしまいます。

カードローンだけでなく、クレジットカードの延滞履歴というのも審査においてマイナスポイントになってしまうので、注意が必要です。

こういったクレジットカード情報は「信用情報」と呼ばれ、CICなどの信用情報機関によって管理されています。

株式会社シー・アイ・シーは、クレジット会社の共同出資により、昭和59年に設立された、主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関です。また、CICは、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定を受けた唯一の指定信用情報機関です。
引用:http://www.cic.co.jp/cic/index.html

こうした信用情報機関によって、延滞の履歴などは最長で5年間保存されてしまいます。
もうすでに延滞をしてしまっている場合には仕方ありませんが、今後延滞をしてしまいそうになったときには必ず担当者に連絡をするなどして、今後のカードローンの審査に響かないようにする努力が必要です。


信頼できそうな人に見えない

最近ではカードローンはインターネットでの申し込みが一般的になってきましたが、審査の際にはまず間違いなく担当者の人と話す機会があります。

その時間は単純に審査項目を確認されているだけでなく、申込者の「人となり」も見られています。

そのときに「信頼できなさそう」、「誠実でなさそう」といったことを担当者に思われてしまった場合、限度額が引き下げられてしまったり、最悪の場合審査に落とされてしまうことになります。

そういった理由でカードローンの審査に落とされてしまわないように日頃から話し方や態度には気をつけるべきです。


カードローンの審査に落ちてしまわないように

もしもこの中に当てはまるものがあるとしたら、それが原因でカードローンの審査に通っていないのかもしれません。

年収や勤務年数などすぐには変えられないものもありますが、他社の借り入れ数を減らしたり、記入漏れをなくす努力などはできると思うので、少しずつ審査に有利な状態に近づけるように変えていきましょう。



関連記事

  1. phone

    審査

    在籍確認なしのおすすめカードローン3選

    カードローンの申し込みにあたり周りにバレてしまうことは無いだろうかと心…

最近の記事

  1. ranking
  2. refunding
  3. same-day-card
  4. Fotolia_42733120_Subscription_Monthly_XXL
  5. compare7
PAGE TOP