3cards

金利

低金利のおすすめカードローン3選

カードローンを選ぶときに最も気になると言っても過言ではないのが、「金利」だと思います。
金利によって実際にかかる利息と返済額が変わってくるので、金利はカードローン選びで欠かせないポイントです。

「せっかくならなるべく低金利のカードローンで借入をしたい」と誰もが思うはずです。

そこで、このページでは各カードローンの金利の比較をして、当サイトおすすめの低金利カードローンを紹介します。金利の仕組みや計算方法も紹介しているので、カードローン初心者の方にもわかりやすい内容になっています!


おすすめの低金利カードローン

それでは早速おすすめの低金利カードローン3選から見ていきましょう!

※最低金利が適用されるためには限度額に近い金額の利用が必要なので、最高金利を基にして選んでいます。


みずほ銀行カードローン

エグゼクティブプランの場合金利は年3.0%~7.0%。最大限度額1,000万円
引用:http://www.mizuhobank.co.jp/loan/card/index.html

最高金利がたったの7.0%という超低金利カードローンのみずほ銀行カードローン。
ただし、エグゼクティブプランに入れるかどうかは審査によって決まるため、ハードルは高いです。


住信SBIネット銀行Mr.カードローン

ネット銀行だからできる驚きの金利水準金利は年1.89%~7.99%(プレミアムコース)。(※)店舗を持たないネット銀行だからこそ実現できる安心の金利です。
引用:https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i080208CT

こちらも最高金利が7%代というかなりの低金利カードローン。
さらに最低金利が適用された場合にはたったの1.89%という驚異的な金利になります。


りそなプリミアムカードローン

りそな住宅ローンご利用中の方は、さらに金利を年▲0.5%引下げ!
引用:http://www.resonabank.co.jp/kojin/free_cardloan/premium/

みずほ銀行カードローンと住信SBIネット銀行Mr.カードローンと比較すると見劣りしますが、最高金利12.475%というのは業界水準でみればかなりの低さです。

りそな銀行を利用している方やりそな住宅ローンを利用している方におすすめです。


金利の仕組みと利息の計算方法

まずは金利の仕組みと利息の計算方法を理解しましょう。
基本的なことではありますが、ここがわかっていないと表向きの数字に惑わされてしまうことになります。


金利はどのようにして決まるのか?

「当カードローンの金利は4.5%~18%です。」
カードローンの公式HPを見ていると必ずこのような表記を見つけると思います。

このとき多くの人が疑問に思うのが、「金利って4.5%?それとも18%」ということでしょう。

実際の金利というのはどれだけの金額を利用したのかで変わってきます。
これは利息制限法という法律で金利の上限が定められているためです。

一  元本の額が十万円未満の場合 年二割
二  元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三  元本の額が百万円以上の場合 年一割五分
引用:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29HO100.html

この利息制限法を見ていただければわかる通り、高い金額を利用すればするほど金利の上限は低くなります。
逆に言うと10万円程度の借入の場合、ほとんどの場合ホームページに書かれている最大の金利がつくということです。

表記されている最低金利はかなり大きな金額を借入しないと適用されないことを忘れないようにしましょう。

少し内容が難しいですが、「利用制限法」の詳細はこちらのページから確認することができます。

利用制限法について


利息の計算方法

金利についてある程度理解したところで、利息の計算方法についても見ていきましょう。
利息の計算は以下の公式を用います。

利息=元金×金利×借入期間

※元金とは借りた金額のこと

では、仮に10万円を金利18%で1年間で完済した場合の利息を考えてみましょう。

利息=10万×18%÷365日×365日=18,000

この場合の利息は18,000円ですね。

それでは10万円を金利4.5%で1年間で完済した場合はどうなるでしょうか?

利息=10万×4.5%÷365日×365日=4500円

最低利率のときと最高利率のときとで利息に大きな差が生まれることが分かると思います。
このように金利が与える影響はとても大きいので、カードローンを選ぶ際には必ずチェックしなければなりません。

おすすめカードローンの比較表

ここではそれぞれのカードローンの金利が一目でわかるように比較表を作りました!
下記9種類のカードの比較をしました。

・アコム
・プロミス
・モビット
・三菱東京UFJ銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン
・オリックス銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン
・住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース
・りそなプリミアムカードローン


会社名・カードローン名金利
アコム4.7%-18.0%
プロミス4.5%-17.8%
モビット3.0%ー18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン4.6%ー14.6%
三井住友銀行カードローン4.0%ー14.5%
オリックス銀行カードローン3.0%ー17.8%
みずほ銀行カードローン3.0%ー7.0%
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)1.89%~7.99%
りそなプリミアムカードローン3.5%-12.475%


上記の比較表を見るとやはり銀行カードローンの方が圧倒的に金利が低いですね。

特に目を引くのは「みずほ銀行カードローン」と「住信SBIネット銀行Mr.カードローン」。
最低金利、最高金利ともにかなりの低さとなっています。


まとめ:お得なカードを選んで返済を楽に

いかがでしたでしょうか?
カードローンの金利は返済額に直接関わる要素なので、非常に重要です。

金利の仕組みをしっかりと理解して、なるべく低金利のカードローンを選ぶようにしましょう!

最後におすすめの低金利カードローン3選をもう一度紹介します。


みずほ銀行カードローン

最高金利が7.0%という超低金利カードローン。


住信SBIネット銀行Mr.カードローン

金利年1.89%~7.99%。 最低金利がずば抜けて低い上に最高金利も低い。


りそなプリミアムカードローン

金利年3.5%~12.475%。 りそなの住宅ローンを利用している場合はさらに0.5%の引き下げがある。



最近の記事

  1. (圧縮済み)延滞
  2. (圧縮済み)カードローン まとめ
  3. (圧縮済み)おまとめ
PAGE TOP