cardloan

仕組み

カードローンの仕組みを分かりやすくまとめてみた

「お金が必要だからカードローンを使ってみたいけど、なんだか怖い・・・。」

もしかしたらあなたもそのように思われているかもしれません。

でも、心配する必要はありません。

カードローンはその仕組をしっかりと理解して、返済の計画をしっかりと立てることで、とても便利なものとなります。
そこで、このまとめではキャッシングとの違いやカードローンの種類などについて解説していきます。

これからカードローンを使いたいと考えているのなら、是非読んでみてください。

仕組みと特徴を知る

まずはカードローンの仕組み、そして特徴を理解しましょう。

そもそもカードローンとは、カードを使ってATMなどの機械から現金を借りる方法のことを指します。
他のローンとは異なり、カードローンは以下の2点の特徴があります。

・資金の使い方は自由(一般のカードローンは事業資金としては使用できない)
・限度額内であれば何度でも借りることができる



資金の使い方は自由

通常、「ローン」というと「住宅ローン」や「教育ローン」といったイメージが強いと思います。
こういったローンは目的ローンと言われ、最初から用途が決められているものです。

それに対してカードローンでは基本的にどんなことに対しても資金を使うことができます。
病院に行くためのお金に使ってもいいですし、旅行などで遊ぶために使っても問題ありません。

ただし、一般のカードローンの場合、事業の資金として使うことはNGです。


限度額内であれば何度でも借りることができる

通常、ローンを組む場合には最初にいくら借りるかを決めたらそれ以上の融資はしてもらえませんが、カードローンであれば何度でも借りることが可能です。

例えば限度額が50万円の場合で30万のみ借り入れている場合、さらにお金が必要になったときに後からプラスで20万円借り入れることができます。

つまり、ある程度大きな限度額が設定されていればたった1枚のカードで済むので、何枚ものカードの手続きをする必要がないので、とても楽です。




カードローンとキャッシングの違い

「カードローン」と「キャッシング」。

どちらも「お金を借りる」という点では同じですが、この2つの言葉の意味をしっかりと理解して、そのときの自分にあった方法を選ぶことが重要です。

カードローンとキャッシングの一番の違いは「返済方法」です。

通常、カードローンはリボルビング払いで返済し、キャッシングは翌月一括払いが一般的です。
カードローンの場合はリボルビング払いで返済するので、毎月の返済額は少なくて済むのですが、その分返済期間が長くなり、利息が増えてしまいがちです。

それに対してキャッシングは一括で返済するので、返済額は多いですが、利息は少なくて済みます。
一括で返せる程度のレベルであれば、なるべくキャッシングを使うようにすることがポイントです。


銀行と消費者金融のカードローンがある

カードローンは大きく分けると銀行カードローンと消費者金融カードローンの2種類があります。
ここでは、それぞれの特徴を解説していきたいと思います。


銀行カードローン

銀行カードローンの特徴として挙げられるのが以下の3点です。

・金利が低い
・総量規制の対象外
・審査が厳し目

銀行カードローンは消費者金融カードローンと比べて金利が低いです。
大手消費者金融の最大金利は18%ほどがほとんどですが、銀行の場合、最大金利が7%代のところもあります。

金利が低いことで有名な「住信SBIネット銀行 MR.カードローン プレミアムコース」の口コミでも以下のように金利が低くなったことで、返済が楽になったという意見が書かれていました。

金利が低く、まとめローンには最適だと聞いて、ネットで申しこみました。 私の年収や勤続年数などで、審査が通るか不安でしたが 金利の高い他社の3件(合計150万)が200の枠で通りました! 手続きは結構時間がかかりましたが、ネット専門銀行で少し特殊な部分があるので 仕方が無いかもしれません。 前は、毎月5万返済でしたが、今は半分の2万5千円になり かなり、楽になりました。
引用:http://review.kakaku.com/money_report/card-loan/report.asp?lo_ccd=3008&lo_icd=0002#d_info

さらに銀行カードローンは総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える金額の融資を受けられる可能性もあります。
ただし、消費者金融と比べると審査が厳しいです。


消費者金融カードローン

消費者金融カードローンの特徴は以下の3点です。

・無利息返済がある
・審査のスピードが早い
・総量規制の対象


消費者金融の大きなメリットの1つが「無利息返済」です。
例えば、アコムとプロミスは最大30日間金利0で借りることができます。

1ヶ月以内に返済できる見込みがあれば、消費者金融の無利息返済はおすすめです。

また、審査のスピードが早いことも消費者金融カードローンの特徴の1つ。
通常平日14時までに審査の手続きを終えていれば、即日でカードローンを利用できます。

実際にネット上の口コミで以下のような意見が見られました。

申し込みしてから審査結果の連絡が来るまでがとても早かったです。 対応も良くて親しみやすいイメージをもちました。 ただ私の仕事が忙しく時間に余裕がないので、返済などがいつもギリギリになってしまってしまいます。 こちらから返済期日の変更をすると遅延金が発生してしまうので、前もって返済期日を長めにとってほしいです。
引用:http://review.kakaku.com/money_report/card-loan/report.asp?lo_ccd=3011&lo_icd=0001#d_info

このようにメリットも大きいですが、総量規制の対象なので、限度額は最大でも3分の1となってしまいます。


返済の仕組みも理解する

カードローンの返済方法は1種類だけではありません
大きく分けるとカードローンの返済方法は3種類あります。


定額方式

毎月、決められた額を一定に返済していく方式。
例えば毎月1万円の定額方式の場合、返済した1万円から利息を引いた分が元金から引かれることになります。


定率方式

借入残高に対して指定した割合で返済をする方式。
徐々に返済する額が減っていくのが特徴。


残高スライド方式

借入残高によって、段階的に返済定率が変化する方式。
無理のないレベルで毎月返済ができるのが特徴。

この中で最も使われているのは「残高スライド方式」です。
月々の返済金額が少なくて済むので、負担は大きくないのですが、その分返済期間が長くなってしまうというデメリットがあります。

なるべく繰り上げ返済などを積極的に使って、早く返済を終わらせる努力が必要です。


基本を押さえて安全に使用する

いかがでしたでしょうか?

カードローンの仕組みと特徴を理解することで、キャッシングとの違いもはっきりとお分かりいただけたかと思います。
カードローンそのものの種類も多く、返済方法も多岐にわたるので、どのカードをどのように使えばいいのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、まずは基本をしっかりと理解し直して、冷静に今の自分の状況に合っている使い方をしているのかを確認してみましょう。



最近の記事

  1. ranking
  2. refunding
  3. same-day-card
  4. Fotolia_42733120_Subscription_Monthly_XXL
  5. compare7
PAGE TOP