(圧縮済み)おまとめ

おまとめ

カードローンのおまとめに適した会社7選


カードローンでの借金が何社にも渡り、返済日や返済額がそれぞれ違い、毎月、大変な思いをされている方がいらっしゃいます。

そんなときは、カードローンをまとめることを考えるべきです。

カードローンをまとめるというのは、どういうことでしょうか。

カードローンをまとめるということは、借り換えローンをして、複数社にまたがっている借金を一社にまとめると言うことです。

【カードローンのおまとめでのメリット】

カードローンは、法律で総量規制というものが導入されたため、消費者金融から借りられる金額の上限が年収の3分の1までと決まっています。

しかし、総量規制に引っかかり、借金ができなくなった人でも、おまとめカードローンであれば総量規制から除外されるので、新たにお金を借りることが可能なのです。

カードローンをまとめることは、複数社の返済日や返済額などを一本化することで管理が楽になるというのに加え、精神的にも大きなメリットがあります。

また、一つにまとめることで金額が大きくなり、金利が下がる可能性があることです。

しかし、必ずしもカードローンのおまとめをすれば、返済総額が減るのかというとそうとも限りません。

必ず、おまとめローンをする前に、しっかりと調べる必要があります。

現在のあなたの借金の返済状況とおまとめローンをした場合のその後の返済計画について、じっくりと比較をして、必要であれば、ローン会社の人とも相談して決めてください。

少額の返済すべきカードローンを複数持っている場合は、カードローンのおまとめをした方がお得な場合が多いですので、一度検討比較してみることをおすすめします。


【カードローンのおまとめで気をつけるべき金利】

カードローンをまとめることのメリットからもわかる通り、カードローンのおまとめは返済を楽にするためのかなり有効な手段です。

しかし、正しくカードローンのおまとめをしなければ、せっかくのメリットを最大限享受できません。

また、個人個人の借金の状況や額、金利などによって、カードローンをまとめた方がいい人とまとめる必要がない人がいます。

カードローンのおまとめをするときに、まず気をつけなければならないのは、金利についてです。

現在のあなたの借りているカードローンの金利と、おまとめローンの金利を比べる必要があります。


【カードローンのおまとめで注意すべき返済能力と返済総額】

カードローンのおまとめで気をつけるべき事は、返済能力です。
カードローンのおまとめをすることで、返済日や返済額を一本化できますが、そもそも、返済能力を超えてしまっている場合は、おまとめローンをしても意味がない場合があります。

月々の返済能力があったとても、全体の返済総額が増えてしまっては、カードローンのおまとめをして正解だったとは言えないでしょう。

どちらも、しっかりとした返済計画を立て、カードローンをまとめる前に返済総額をシミュレーションして考えれば、解決しやすい問題でしょうから、気をつけてください。

カードローンのおまとめでよく勘違いされるのが、カードローンのおまとめをしたら、もうそれでおしまいというような感じの方たちです。

カードローンのおまとめは、カードローンの借金が消えてなくなるわけではありません。ここを気をつけてください。


【カードローンのおまとめでおすすめする会社】

①関西アーバン銀行アーバンフリーローン
こちらは、関西アーバン銀行が主体となっているカードローンのおまとめです。
こちらの最大の特徴は、借入限度額の最大が5000万円と非常に大きいことです。

また、金利も2.9パーセントからとなっています。
しかし、銀行系のカードローンですので、担保を請求されると言うことが最大のデメリットです。
そもそも、懐事情が厳しいからカードローンで借りているのですから、担保なんてない人の方が多いのではないでしょうか。


②アイフル
アイフルは、知名度も高い消費者金融会社です。
アイフルでは、おまとめMAXというカードローンのおまとめローンがあります。
アイフルの最大の特徴は、審査に通る確率が高いこと。

アイフルは、消費者金融の中で、アコムに次いで審査通貨率が高いことでも有名です。
お得なカードローンのおまとめをするならば、信頼度の高い会社がおすすめです。


③プロミス
プロミスは、知名度の高い消費者金融会社です。
プロミスには、貸金業法に基づくおまとめローンというカードローンのおまとめローンがあります。
インターネットでのお申し込みは出来ず、電話か店頭でのお申し込みとなります。


④東京スター銀行おまとめローン
東京スター銀行は銀行のカードローンでは珍しいおまとめローン専用のカードローンになります。
新規貸し付けようのカードローンの他に、おまとめローン専用のカードローンがあります。
審査に厳しいことでも有名で、その分、厳しい審査にとおった場合にはお得なカードローンのおまとめとなり、おすすめできる商品となります。


⑤アコム
アコムでは、貸金業法に基づく借換え専用ローンというおまとめローンがあります。
プロミスと同じようにインターネットでの申し込みが出来ませんが、電話や店頭での申し込みで、申し込みが出来ます。

また、CMなどでもおなじみの自動契約機のむじん君での申し込みが可能です。
審査にとおった場合、他社への返済はアコムが振り込みを行ってくれますが、自分で処理をしたい人には、選べるようになっているのもありがたい制度です。


⑥モビット
モビットのカードローンのおまとめローンの特徴は、お急ぎの方に当日融資が可能だということ。
また、契約から融資を受けるまで、全てインターネットでの作業が出来るため、忙しい方や交通の便の悪い地域にお住まいの方などにはありがたい消費者金融会社です。

インターネットで完結できるメリットで見落とせないのが、会社や自宅に郵便物や電話があり、借金のことを家族や同僚、上司などにばれてしまうことがないことです。

利用限度額も1万円から800万円までと幅広く、利用しやすくなっています。
また、パートやアルバイトなど正社員でなくても、申し込みが出来ることも特徴の一つです。


⑦三菱東京UFJ銀行カードローン
言わずとしれた三菱東京UFJ銀行のカードローンで、おまとめローンが利用できます。
三菱東京UFJ銀行のカードローンの最大の特徴は、なんと言っても、業界でもトップクラスと言われる金利の低さです。金利が1.8パーセントからとカードローンとは思えない金利となっています。

また、24時間365日休みがないのも特徴で、忙しい方や急ぎで融資を受けたい方は、特にうれしい制度です。
さらに、パートやアルバイトなど正社員でない方でも、カードローンのおまとめに申し込むことが出来るのもありがたいです。

カードローンのおまとめができる7社をピックアップしてみてきました。

ードローンのおまとめは各社様々な商品を出しており、どれがいいかよくわからなくなってくるとは思います。
迷ったときは、全ての特徴を見る必要は知る必要はないでしょう。

それぞれの金利と、返済総額を見てください。

そして、現在のあなたの各社の月々の返済額、金利、返済総額と比べてみてください。
それらを比べることで、どちらがお得か、カードローンをまとめる方がいいのか、必要ないのかを判断する必要があります。

最近の記事

  1. (圧縮済み)延滞
  2. (圧縮済み)カードローン まとめ
  3. (圧縮済み)おまとめ
PAGE TOP