refunding

借り換え

カードローンの借り換えで押さえておきたい4つのポイント

借り換えを成功させ少しでも金利負担を軽減したい方は是非チェック!

借り換えを成功させることができれば、今よりももっと楽に返済できるようになります。

少しでも金利負担を軽減したいと考えるならば、借りている金額に関係なく借り換えを考えてみることをおすすめします。

今よりもメリットのあるサービスに乗り換えることがカードローン完済の近道。

借り換えにおすすめのカードローンを有効活用して、今ある借入残高をどんどん減らしていきましょう!



金利を比較するときは下限ではなく上限値をチェックする

借り換えは元の金利よりも低い金利で借り換えることで、利息節約というメリットを産み出します。

借り換え目的なのに、元の金利と同じ金利や高い金利で借りてしまっては話になりません。

借り換えするときには金利の低さに着目し、最も金利が下げられるカードローンを選ばなくてはいけないのです!

金利の低いカードローンを選ぶことが借り換えの鉄則。しかしここで注意したいのが、正しい金利を把握できているのかどうかです。

カードローンの金利を確認するときには、まず自分が契約することになる限度額を確認します。限度額50万円と限度額200万円では金利設定が違うのです。

さらに一部のカードローンは同じ限度額でも契約者によって金利が異なります。金利は審査に応じて決定されるため幅があるのです。

このようなときに金利の下限に注目してしまうのは厳禁。金利を比較するときは金利の上限値をチェックしなくてはいけません。

借り換えカードローンを選ぶときには、金利の上限値が設定されたとしても、メリットがあるサービスを選びましょう!



借り換え金額が年収の3分の1以下なら低金利の銀行カードローンを検討

借り換えではいかに低い金利で借りなおすか?ということがポイントになります。

もしも借り換えする金額が年収の3分の1以下に抑えられているならば、低金利の銀行カードローンを使って借り換えを検討してみましょう。

特に今消費者金融からお金を借りているという方は、銀行カードローンを使うだけでも大きな金利負担の経験効果を感じられるはずです!


銀行カードローンを借り換えにおすすめするのは、消費者金融と比較すると圧倒的に金利が低いことが理由です。

特に借り換え専用ローンに申し込みをしなくても、銀行カードローンならば手軽に手続きできることもメリット。

総量規制の対象外となるため、すでに他の業者からお金を借りていても難しい手続き無く申し込みできとてもおすすめです。

【価格.com 三井住友銀行カードローンの口コミより】

私は借換希望で申し込んで、500万を申し込みするも駄目でしたがジャックスカードのキャッシング85万を全額返済すること 証明書提出条件で240万の枠を設定できました。金利8パーセントです。

当日にカードをもらい即座にジャックス85万を返済18パーセントから8パーセント合わせて担保ローンに105万返済12.8から8パーセントに。

年間金利14万程減少残りの枠は温存ですが、これで、かなり楽になりましたね。三井住友に借換も申し込んで良かったです。

引用URL:http://review.kakaku.com/money_report/card-loan/report.asp?lo_ccd=3009&lo_icd=0001#d_info

上記の口コミではジャックスカードのキャッシング残高を三井住友銀行カードローンで全額返済したとあります。金利は18%から8%まで軽減できたため、かなり支払いにゆとりが持てるようになりました。

口コミのように借り換え専用のローンでなくとも、低金利な銀行カードローンをうまく利用することで大きな借り換え効果を得ることができます!





無利息サービスを実施しているものを選ぶ

借り換えではいかに支払う利息を少なくするかがポイントになります。

例えば一時的な資金を借りている方が、より利息の支払いを節約したいと考えるならば、無利息サービスを実施しているカードローンを使って借り換えするのも一手。

無利息サービスとは金利0円で借入できる期間が用意されているサービスのこと。うまく無利息サービスを使えば大幅な利息節約が可能です!

急なお金のトラブルでクレジットカードのキャッシングを使ってしまったものの、後になって金利に負担を感じてしまっているという方はかなり多いです。

あともう少し立てば残高を完済できるものの、今ある利息の支払いをどうにかしたいと考えているならば、無利息サービスを使うのがおすすめ。

無利息サービスとは新規契約時に限り最大で30日間、金利0円でカードローンが借りられるサービスを言います。

30日が経過した後から金利が発生するので、30日以内に返済すれば利息はかかりません。

一時的な借入の利息を節約したい方は無利息サービスのあるカードローンを使って借り換えしてみましょう!



繰り上げ返済や臨時返済など返済方法に柔軟性があること

借り換えではいかにきちんと返すという意識を持つかがポイントになります。

返しにくいサービスよりも、気が付いたときに少しでも返そうと思えるようなサービスのほうが借り換えには向いています。

例えばカードローンは繰り上げ返済や臨時返済に対応しています。借り換え時にはなるべく返しやすいと感じるカードローンを使うことでより完済しやすくなります。


借り換えをした後によりスムーズな完済を目指すには、返済方法に柔軟性があり、なおかつ返済することに対しデメリットを感じないことが重要です。

例えばATMから出金・入金を行うと別途手数料が発生します。1回あたりは微々たるものですが、何度も使えばトータルの負担は大きくなっていきます。

追加で返済しよう考えたときに別途手数料がかかるとなると、ある程度の資金を確保してから返そうと考え、結果として繰り上げ返済せずに放置してしまう人はたくさんいます。

借り換えにカードローンを選ぶときにはATM手数料が無料のカードローンがとてもおすすめ。

例えばコンビニを使ったときにもATM手数料がかからなければ、1,000円ずつの返済でもデメリットはありません。

コンビニを利用するたびに少しずつ返済することを決めておけば、繰り上げ返済でどんどん完済に近づくことができます。

【三菱東京UFJ銀行 バンクイックの公式サイトより】

全国の当行・提携コンビニATMで利用手数料0円利用手数料0円で、全国各地の当行・提携コンビニATMで、いつでも気軽にご利用いただけます。

引用URL:http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/merit.html?link_id=bq_top11#AC04

例えば三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックは、多くのコンビニATMが利用手数料0円となっています。

対応するコンビニATMはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート(E-net)など。このように手数料がかからなければいつでも気軽に繰り越し返済できるので、借り換えした後も完済しやすくなります!



カードローンの借り換え成功のためのポイントまとめとおすすめ紹介

カードローンを使った借り換えを成功させると、今よりもずっと支払いを楽にすることができます。

消費者金融カードローン、クレジットカード会社のキャッシングやフリーローンなどを使っている方は一度、別のカードローンを使った借り換えを検討してください!

ここではカードローンの借り換えを成功のためのポイントを再度おさらい。最後にはおすすめのカードローンを紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。

■金利は上限値でチェックしてメリットを確認!
カードローンの借り換えで金利を比較するときは、契約する限度額に対し金利を把握することが必要。その場合には必ず金利の上限値を比較しましょう。

■低金利な銀行カードローンならば手軽に借り換えできる!
銀行カードローンならば、特に借り換えの手続きが無くとも借り換えに使える資金をより低い金利で用意することができます!

■無利息サービスで借り換えもメリット大!
一次的な借り入れに対して利息を節約したいと考えるならば無利息サービスを使った借り換えがかなりおすすめ。
無利息期間のあるカードローンを使って借りなおせば30日間分の利息が0円になりお得です!

■返しやすいカードローンを使って完済を目指す!
より返しやすいカードローンを使って借り換えすることで、追加で返す頻度が高まればその分完済を目指しやすくなります!

■借り換えにおすすめのカードローン
小口の借り換えでもメリットを感じる 「イオン銀行カードローン」

限度額金利預金口座
最高800万円
※専業主婦50万円
【30万円~90万円】13.80%
【100万円・200万円】8.80%
【300万円】7.80%
【400万円・500万円・600万円】4.80%
【700万円・800万円】3.80%
必要
イオン銀行カードローンは100万円未満の借り換えでもメリットを感じられる借り換えにおすすめのカードローンです。

例えば消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングの借入残高が50万円未満でも、イオン銀行カードローンならば、約4.00%の金利節約ができます。

カードローンの利用には預金口座の開設が必要と少し手続きに時間はかかるものの、小口の借り換えから大口の借り換えまでメリットを感じられるカードローンになっています!



最近の記事

  1. (圧縮済み)延滞
  2. (圧縮済み)カードローン まとめ
  3. (圧縮済み)おまとめ
PAGE TOP